ブラッシングとシャンプーが髪を綺麗に魅せる上で大事

ブラッシングとシャンプーが髪を綺麗に魅せる上で大事

ブラッシングとシャンプーで美しい髪を保つ

1.ブラッシング

豚毛のブラシによるブラッシング。豚毛(イノシシ)はタンパク質が豊富で人工的には作れない独特な構造を持ち、髪の一本一本からほこりやちりを取り除き、油分を与え、髪に美しいツヤを出してくれます。
このようなブラシでこまめにブラッシングし、髪の流れを整えるのと同時に、地肌に刺激を与える事で髪の発育を促します。

 

2.シャンプー、トリートメントはいろいろ試してみる

最近はノンシリコンシャンプーというフレーズもだいぶ浸透してきたと思いますが、ある程度の値段(1,000円以上)するものを使うようにしています。
安いシャンプーは髪をいたわる事よりも安い原料で良く泡立つ方を重視して生産されているそうですし、植物由来成分配合とかせっけん成分が弱酸性とかアミノ酸系活性剤など、頭皮と髪に必要なうるおいを保ちつつ、しっかり汚れを落としてくれるもの、また気分も良くなるフレグランスも配合されているものが良い。

 

美容に疎い母(50代)がスーパーで売っている一番安いシャンプーを何カ月も使っていた時は、フケこそ無いものの、ぱっと見でわかるぐらい、髪にコシもハリもなくぺっとりとしていて、年齢も実年齢より老けて見えるし思わず「シャンプー買ってあげるからそれ使うの辞めな」と言ってしまいました。

 

そんな母にうるおい保持脂質「18MEA」配合された「DHCさらさらとなる シャンプー」をプレゼントして使わせたところ2週間ぐらいから髪にコシもハリもツヤも戻り、それだけで見た目も少し若々しくなりました。髪の毛って本当に大事だなと思った瞬間でした。

 

私は今は、BOTANIST(ボタニスト)のボタニカルシャンプーとトリートメントを使っています。指通りも良く、香りも好きだし、洗い上がりのまとまりもすごくいいです。

 

ホーム RSS購読